カブリの攻略とそのコツ。故障と隣り合わせのカブリと注意事項

カブリ攻略とそのコツ。 故障
カブリ攻略とそのコツ。故障と隣り合わせのカブリ。
f:id:Breakoutdoor:20180829204956j:plain
ボルダリング かぶり ルーフ 課題

 
カブリ=強傾斜

クライミングウォールが少し傾いただけで全く違う世界となります。

カブリを攻略してこそ一人前のクライマーです!

しかし四肢への負荷が激しいため、故障には注意!

カブリ攻略への12のコツ

故障を回避せよ!

中年クライマーにとってカブリ課題で怖いのはやはり故障。

垂壁と比べて四肢に強力な負荷が掛かります。

いつも通り登っていると簡単に故障するので注意が必要です。

故障を防ぐコツ
  • トレーニングは隔日以上間隔を空ける
  • 連登は避け休憩を挟む
  • 同じ課題を繰り返さない
  • 少しでも違和感を感じたら止める
  • 栄養と睡眠は十分にとる

若い頃とは違い、少しでも無理しただけで故障してしまいます。

故障をすると復帰に時間がかかりますし、その間、手加減したつまらないクライミングにストレスがたまります。

クライミングに限らず故障はスポーツを止める原因の一つです。

カブリで最も重要なのは足捌き

スラブ・垂壁では特に足を意識せずとも何となくクリアできていたのに、

カブリでは簡単に壁から引き剥がされてしまいます。

重力に逆らい、蜘蛛のように張り付く必要がある為、腕の力だけでは足りないためです。

従ってカブリ攻略の最重要ポイントは足裁です。

掻き込む

搔き込むことで足が壁から剥がされ難くなります。

掻き込む=トゥ(つま先)をフットホールドと壁の隙間に食い込ませてホールディングする技法。

f:id:Breakoutdoor:20181012232655p:plain

下手な絵ですみません。

トゥが入る隙間が無いフットホールドでも描き込みは有効です

①トゥを壁面とフットホールドの境目に押し込みます

f:id:Breakoutdoor:20181010210433j:plain
ボルダリング 乗っけてる状態から搔き込む状態へ

②摩擦を利かせながら手前方向に踏ん張ります

f:id:Breakoutdoor:20181012230350j:plain
フラットなフットホールドでの掻き込み

摩擦力を利用しながら搔き込みます。

突っ張り棒になるイメージです。

腹筋で突っ張れるようになれれば一人前です!

つま先→ふくらはぎ→膝裏→裏モモ→臀部→腹筋と徐々に意識広げていきます。

始めのうちはふくらはぎや裏ももが攣りそうになりますが頑張りましょう!

ダウントゥのシューズを購入する

クライミングシューズには様々な形状と種類がありますが、カブリにはダウントゥ形状のシューズが有効です。

トゥが下向きの、掻き込みしてくれと言わんばかりの形状をしています。

ラスポルティバのソリューションとか有名ですね!

ダウントゥのシューズ

SPORTIVA(スポルティバ) マーヴェリック 20C Flame/Sulphur 41.5

トレーニングの観点で言えば、ダウントゥシューズはお勧めしません。

カブリ攻略がダウントゥ頼みになってしまうからです。

そこでお勧めなのがオールラウンド型のフラット底のシューズ。

元々掻き込む形状をしているダウントゥ型のシューズと違い、

フラット底のシューズで練習した方が掻き込むテクニックが身に付きます。

フラット底のシューズ

LA SPORTIVA(ラスポルティバ) TC PRO EU39.0 Sage

私の愛用しているラスポルティバのミウラーもフラット底のシューズですです。

トゥフック

トゥフック=トゥを引っ掛けてホールドに固定する技術

掻き込み以外でカブリに有効な足技です。

トゥを上方向に引っ掛けたり、足のサイドを引っ掛けてホールディングします。

f:id:Breakoutdoor:20181012230220j:plain
左から、トゥフック

掻き込みとは逆で、押して突っ張るのではなく、引いて突っ張ります。

傾斜を殺す

傾斜を殺す=キョンやツイストの要領で膝を捻り込み、脚部側面と壁が向かい合う形にすること。

そうすることで体と壁の距離が縮まり、不思議と傾斜が緩和され遠くのホールドに手が届くようになります。

傾斜を殺すのはムーブ時のみ。停止時は手足を伸ばしてお腹と壁の間にスペースが空く状態が疲れ辛くてGOOD!

カブリでなくともクライミングに於いて足捌きが最も重要です。

足の筋力は腕の3倍とも言われています。

上級へステップアップしたいのであれば足技の習得は避けて通れない道です。

これを機会にカブリ課題でレベルアップはいかがでしょうか?

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました